ロゴ
HOME>コラム>目立たない治療法だけでも数種類!【知らないと損すること】

目立たない治療法だけでも数種類!【知らないと損すること】

歯科矯正

目立たない治療法が好まれている理由

歯並びを歯科で綺麗にしたいと考えた時にまず気になる点は、費用の面と目立つのではないかという懸念です。今までのイメージというのは、一般的には歯の表面に銀色のワイヤーを施すワイヤー矯正のイメージが強いです。せっかく歯並びを綺麗にして美しくなりたいと考えているのに、矯正器具のことが気になってその事で人目が気になり、人前で大きい口を開けて思い切り笑えないということになってしまっては歯列矯正自体が大きなストレスになります。笑えないばかりか、人目が気になって外出や人と会う事が億劫になってしまうこともあります。目立たない治療法にすれば人目が気にならず、ストレスも溜まりにくくなります。また、最も一般的な表面に施すワイヤー矯正よりもリーズナブルに治療ができる目立たない方法もあります。

歯医者

目立たない方法の種類と治療前の注意点

歯科で出来る目立たない歯列矯正の種類ですが、治療期間が比較的短くなるという利点があるワイヤーを施す治療では、歯の裏側にワイヤーを施すリンガルワイヤー矯正があります。費用の面では歯の表面にワイヤーを施す治療よりも高くなります。また、歯の表面にワイヤーを装着する治療でも透明なタイプのブラケット(ワイヤーを通す小さな箱型の装置)を選べば目立ちにくくなります。ワイヤーの他には、多少治療に時間が掛かりますが、比較的手軽にできて費用の面も抑えられる透明なマウスピースを歯にかぶせるインビザラインがあります。事前にシミュレーションで治療後の歯並びや矯正中の歯の動きを確認できます。治療前に方法とその費用を調べておくと安心です。